HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

ベジレンジャー日記 (1)
2009年08月03日

さあ!今回ブログに初登場のベジレンジャーでござる(?)

なになに、みんな色々と楽しそうなことを書いているの~。

よし!拙者も得意の日記風で参ろうではないか!{ここがアフリカ?!}

 

成田を出発してから、どれくらいが経ったであろう。

香港を経由し、翌年ワールドカップの開催国・南アフリカのヨハネスブルグで乗り継ぎ、現在モザンビークの首都マプートに向かう小型飛行機で、とどめの機内食四食目となるサンドイッチと格闘している最中だ。

はあ、こんなに苦しい食事は久しぶりだ。

皆さん、アフリカへお越しの際は機内でくつろげるよう、またウエストが緩くなるような格好で搭乗しましょう!

 

結局、待ち時間入れて約一日かけて、ようやく目的の地モザンビーク共和国に到着するのであった。
扉から出ると、照りつける太陽と熱風が迎えてくれた。

ただ、湿気が少なく、それほど汗ばんだり~(ラジバンダリ~)しない。

ワクワク・ドキドキしてきた!そしてついに、空港の外へ出て、思わずガッツポーズ・・・あ、あれ??

なんだか、違和感が・・・そうなんです!日本車が多いんです!

トヨタにホンダ、日産にスズキ、日本でお馴染みの車がこの国では六割近く使用されているようで、そのほとんどが日本で使用された中古車のようだ。左側通行・右ハンドルのこの国では、質の高い日本車が売れるようだ。もちろん、私たちの移動するのもトヨタ・ハイエースである。 

honnda5.JPG

しばらく車を走らせると、きれいなビーチラインが見える。

海だ!しかも、リゾートホテルがひしめき合い、青い海に白い砂浜で南国リゾートに来たようだ。ほんとにアフリカに来たのだろうか??

 

最初に行ったシーフードレストランでも、日本でお馴染みの海老や烏賊、サーモンに鱈と、食べ物が不足しているのではないかというイメージとはまったくかけ離れたアフリカという印象をうけたのであった。 

honnda3.JPG

ただ、これは首都のごく一部分で、これから待ち受ける現実とはいかに?!次回へ続く!お楽しみに~。