HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

笑顔は万国共通!
2010年01月26日
お待たせしました!ベジレンジャーの担当です。
前回、いろんなバリエーションのある料理を紹介しましたが、その食育活動見学の続きです。

 

その料理中は、なにせとろっとろになるまで煮るので、時間がかかります。ということで、じっとゴザに座っている子どもたちに、配達のお兄さん的雰囲気をかもし出し、果敢にも中に入り、一緒に座ってみました。
しかし、とにかく言葉がわからない、(ポルトガル語は通じず)珍しい異国の民ということで、当然警戒されていました。しかし、なんとかして子どもたちと遊んで笑顔をたくさん見たいと思ったので飛び込みました。最初は、いきなり近寄ってきた大きな大きな日本人(私身長185CMあるので)にビックリ!
キョロキョロする目がとても力強くて印象的でした。仕事でも少年野球でも子どもに向き合っている私としては慣れたものであります。まずはヘン顔から。なかなかピンとこない様子・・・次!ヘンな動き。・・・なにしてるの?というかんじ。どうしようかな~、と小枝を拾ってくすぐってみる。これが一人の子にヒット!!小枝の取り合い、くすぐりあいになりました。もちろん他の子も参戦。キャッキャと笑う子どもたちの笑顔に出会えました。やっぱり、国や宗教、人種が違ってもなにも変わりはないのですね。十人十色です。素敵なひとときでした。
 とまあ、事態はそれほど変わりませんでしたが、次回なにかが起こる!乞うご期待?!

笑顔の子ども.JPG