HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

モザンビーク報告(3)Escola Verney訪問
2010年05月31日

こんにちは。まめです。

本日からハッピーミルクプロジェクト 2010年度の第1期の取り組みがスタートしました。皆様のご理解、ご協力よろしくお願い致します。

あわせて、ハッピースマイル募集というキャンペーンを行っています。皆様の笑顔の写真をお送りいただく企画ですので、是非、参加ください。詳しくはこちらから⇒

モザンビークに入って、1番初めのイベントとしてモザンビークの小学校絵画交流を行いました。

日本のさいたま市立大門小学校の小学生の会が52枚とモザンビークの小学生の絵画を交換しようというのが今回の企画でした。

モザンビークの首都マプトにあるユニセフ事務所やFAOの事務所、大使館が立ち並ぶ一角に、訪問する小学校がありました。

Escola Verney(エスコーラ バルネイ)

小学校の門

この学校は私立の小中一貫校。

コンクリート作りで立派な建物でした。この日は日曜日ということもあり、授業はありませんでしたが、クラブ活動のような絵画教室が開かれていて私たち視察団を小学生達が迎えてくれました。

絵画教室の小学生

このときはみんなで『栄養』をテーマに絵を描いていました。写真を見てわかるように、小学生達の考える栄養というのは、身近にある食べるものなんですね。果物を描く子ども達が多かったです。

ポルトガル領だったモザンビークは、ポルトガルによる統治が行われていたときにでも芸術は推奨されたため、絵を描いたり彫刻したりという美術の文化レベルはかなり高いそうです。

確かにみんな上手に描いています。色鮮やかで楽しい絵でした。

子どもたちに絵を描いているところを見せてもらったあと、全員を広場に集めました。

そこで、まめとポリーさんは子どもたちの前で日本文化を紹介しました。

日本文化の発表会 

子どもたちに、『日本を知ってますか?』と聞いたところ、にっぽんという名前はなんとなく聞いたことはあるみたいですが、よくわかっていない様子でした。

子どもたちに、いくつか質問を行いました。

○モザンビークの良い所は?

伝統的な家の形。マタパ(シチューみたいなもの)。自分達の芸術。島のある自然。

○好きなスポーツは?

サッカー。バスケ。ホッケー。クリケット。縄跳び。ケンケンパみたいなもの。

○好きな教科は?

美術。算数。ポルトガル語。道徳。総合の時間。フランス語。

○将来の夢は?

会計士。調理師。森林学者。美術家。大統領!!

さすが、私立に通う小学生達。夢は大きいです。

私が思い描いていたモザンビークの小学校とは大きくかけ離れていました。(もっと、瓦葺の屋根とかを想像していました。)

親が、外交官や医者だということで、いいところの子どもたちだったのでしょうがなかったですが、こういう子どもたちが、将来のモザンビークを担っていくのだろうなと思いました。

子どもたちの描いた絵を日本に持って帰らないといけないですが、その場で描いてくれた絵を持ち帰ることになったので、視察の最終日にもらうことになりました。

みんなで。