HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

モザンビーク報告(10)ちょっと番外編
2010年08月03日

こんにちは。まめです。

ポリーさんが本編の視察を書きますので、わたくしまめは番外編を書きます。

私は鳥好きなのでモザンビーク視察の間も、めずらしい鳥はいないか??とずっとキョロキョロしていました。しっかり、双眼鏡も持っていったのです。

しかーし!!

鳥、動物ほとんど見ないのです。なので、近くにいた鳥を一生懸命カメラにおさめておりました。

コクマルカラス??

これはカラス。日本にいるコクマルカラスにそっくりですが、違う種類なんでしょうねぇ。なんとなく日本だと涼しい時期に見られる鳥のような気がしますし、大きさも日本のハシブトガラスぐらいありました。

セキレイ??

明らかにセキレイです。日本のセグロセキレイにそっくり。でも、なんとなくスリムでした。日本のはもう少し丸い感じです。

スズメ??

これも皆さんがよくご存知のスズメでしょう。でも、ほっぺの黒い班がないので、イエスズメじゃないかしらと思います!日本の普通スズメよりも一回りくらい大きかったですし、これはイエスズメだと思います。

 

私がモザンビークで観た他の鳥は、市場で売っていたニワトリでした。

もう少し、動物を見たいと思っていたのに、残念でした。

内戦の影響で動物達は他の国に行ってしまったとか。戻ってくればいいのになぁ。と思っています。