HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

モザンビーク報告(17)離乳食つくり
2010年10月29日

こんにちは。まめです。

急に寒くなってきましたね。

今週末は台風が関東に接近!というニュースが流れています。怖いです。

 

引き続き、モザンビークの報告をさせていただきます。

訪問した保健センターでは、診察に訪れていたお母さんと子どものために離乳食つくりのデモンストレーションを行っていました。

2時間とか3時間かけ、歩いて診察に訪れるお母さんたちのために、病院側がこういう催しを開催するのだと思います。

 

デモンストレーション

このとき作っていたのは、かぼちゃベースの離乳食。前日のデモンストレーションの時に作っていた離乳食もそうですが、現地に住む人々が毎日食べているものを材料にしています。そうでないと、家にレシピを持って帰っても食べることができないからです。

レシピを紹介します。(20人前)

〇かぼちゃ半分

〇もろこしの粉 コップ1杯

〇ペーストにした豆 1キロ ←バター豆。白小豆の仲間

〇たまご 3個

〇ココナッツミルク 5個分

〇水 0.5リットルで作った粉ミルク

〇砂糖 250グラム

〇塩 小さじ1

ちなみに上のデモンストレーションで使っている鍋も、ハッピーミルクプロジェクトの費用で購入されたものいうことでした。

デモンストレーションをしている周りにはお母さんが集まってきています。

お母さんと赤ちゃん

元気な赤ちゃんもいれば、HIV/AIDSにかかっているという親子もいました。

上の写真の子は、ぷくぷくして元気でしたが、がりがりにやせてしまった赤ちゃんもいて、写真を撮ることもはばかられました。