HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

レポート「さや」② モザンビークの人々の生活
2011年10月18日

こんにちは、「さや」です。

子どもたち

モザンビークの国民の約70%は、農村で生活しています。都市部とのくらしの差は大きいと感じました。都市部の方が裕福に見えますが、それが幸せかどうかはわかりません。

都市から離れた農村では、自給自足に近い生活を送っています。日の出とともに水汲み、薪拾い、畑仕事・・・。水、燃料、食料の確保に時間を費やしています。移動は徒歩。どこまでも歩く。それも裸足かサンダルで・・・。ひたすら歩いている印象を受けました。

歩く人々

食事は1日1、2回、粗食(1品)で済ましています。幼児の場合、1日5回くらいに分けて食事をしたほうがよいのですが、調理に時間がかかるので、そうも言っていられないようです。料理も皿に家族分がドカッと盛った状態なので、子どものペースで、適量を食べることができません。そのようなことも、栄養不足につながります。また、野菜や肉が栄養にいいことも知られていないようです。

モザンビークのキッチン

これまで長年培った伝統的な習慣を変えることは難しいことです。わかってもらうこと、そして習慣を変えてもらうためには、いろいろな方法で、教え伝えるしかありません。

モザンビークで一番大切なことは、「教育」だと思いました。

このブログについて
はぴ・みるブログでは、シエラレオネを訪問したコープの役職員が、「視察レポート」に書きき れなかった現地でのこぼれ話や、ハッピーミルクプロジェクトの進捗状況などについて発信しています。
最近の記事
2017年05月03日
カシューナッツさんの日記【21】2017年度新卒採用研修での感想
2017年05月02日
カシューナッツさんの日記【20】ポリオ根絶にむけたキャンペーン
2017年04月26日
カシューナッツさんの日記【19】携帯電話のSMSを活用した支援物資の管理システム
2017年04月21日
カシューナッツさんの日記【18】妊娠で学校を断念した少女たちの教育支援
2017年02月21日
小豆【9】子どもの栄養強化のためのコミュニティと協力
バックナンバー
2017年5月
2017年4月
2017年2月
2016年12月
2016年10月
2016年6月
2016年5月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年8月
2015年7月
2015年5月
2015年4月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年8月
2014年7月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年8月
2012年7月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
> はぴ・みるニュース一覧