HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

レポート『梅』① 意外と都会な首都マプト
2011年11月22日

大変お待たせしました。今回からこのブログに私も参加させていただきたいと思います。はじめまして、「梅」です。

これまでの他のメンバーと報告内容がかぶる事もあるかと思いますがご了承ください。
9月3日(土)~9月10(土)の1週間、アフリカモザンビークに行ってきました。日本からアフリカモザンビークの首都、マプトまでは24時間ほどかかります。到着までとにかく遠く、途中、エコノミー症候群とホームシックに悩まされ(笑)、本当に遠い、遠い道のりでした。
これまでの私のアフリカのイメージというと・・・・・乾燥したサバンナ、砂漠地帯・・そしてライオン、トラ、キリン、シマウマなどの野生動物・・移動手段はラクダ・・・・・訪れてみると、想像とは違っていました。
都市部の様子

到着して飛行機から降りてみると、「あれ?意外と都会だな~!」が素直な感想でした。

車がいっぱい

車がたくさん走ってます

古びてはいますが、マンション、ビルがズラリ、見たことがある日本車がズラリと並んでいました。そして残暑が厳しい日本と比べて、全然暑くないんです。湿度が少ないため、カラっとしていて心地よささえ感じます。観光気分で浮ついた自分になっていましたが、これがこの視察旅行のほんの入り口であることにこの日は知る由もありませんでした。   つづく  

※街の色々なところで、荷物(主に食料)を頭に乗せて運ぶ人々を見かけました。よく見ると頭の上に クッションのようなものを乗せてバランスを保っているようです。

バランス感覚抜群な女性たち