HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

レポート「ヨッシー」② モザンビークの地へ
2012年11月19日

こんにちは。おひさしぶりです。はぴみるブログの更新担当『まめ』です。今年のはぴみるブログは、6人の参加者がそれぞれの想いをブログにこめて書いています。ブログ内では内容がが同じになってしまうことがありますが、参加者の感じる想いは異なりますので、皆さまもそれを感じてお読み頂ければと思います。では本日は「ヨッシー」の2回目のブログです。

こんにちは、「ヨッシー」です。
みなさんはモザンビークという国をご存知ですか?
私も詳しく知っているわけではありませんが、アフリカ大陸だと南よりのインド洋側に位置しています。2010年のサッカーワールドカップ開催国だった南アフリカの上に位置しているんですよ。

モザンビーク地図

今回のハッピーミルクプロジェクト+現地視察は5年目(5回目)の訪問です。主に南部のイニャンバネ州をメインに見てきました。
このモザンビークの地図とイニャンバネ州の位置を見ると、「なんか千葉県の形に似ている。そうするとイニャンバネ州は私の家の近くだな」と勝手に思い込み、違った意味での親近感が湧いてきました。

千葉地図

成田空港から香港・南アフリカを経由し、ようやくモザンビークの首都であるマプト国際空港に到着しました。実に乗り継ぎ時間を含めれば24時間近く掛かっての大移動です。
「さあ、モザンビークの大地に記念すべき第1歩を・・・」考えていると、なぜか私たち視察団メンバーだけが入国審査で1時間半近くも捕まってしまい、着いた早々プチトラブルにはまってしまいました。結局、ユニセフモザンビーク事務所から応援を呼んで何とか無事に到着できたわけです。 ユニセフモザンビーク事務所の皆さん
迎えてくれたユニセフモザンビーク事務所の皆さん
(ちなみに、空港で助けてくれたのは写真左のガブリエルさん)

まぁ この後は大きなトラブルもなく現地視察を終えたので、これが今回1番の事件でした。