HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

Child to Child Radio Program (まめの日記3)
2013年10月25日

こんにちは。まめです。少しご無沙汰しておりました。

今日は、モザンビーク視察で訪れたラジオモザンビークについてお話します。

ラジオモザンビークでは『Child to Child Radio Program』という子どもが作る子どものためのラジオ番組があります。内容は自分たちの身近に起こる問題などを取り上げ放送されています。
〇子どもの権利
〇水と衛生
〇幸せについて
など・・・・・・・・・・

ラジオ局

8歳~25歳までの子どもたちが、学校が終了したあとに集まり、シナリオ作り、インタビュー、録音、編集を自らの手で行い、モザンビーク全土に放送しているそうです。子どもたち自身が、他の子どものためにどうしたら大事なことが伝わるのかを一生懸命考え作っている、素晴らしい企画だと思いました。

参加している子どもたちは、試験を受け、このプログラムに参加しています。選抜された、やる気と責任感のある子どもたちなのです。

ダニエルちゃん

この写真の、女の子ダニエルちゃんは12歳。自己紹介をしてくれたのですが、とても活発な女の子でした。

将来の夢は、『医者、DJ、俳優、アナウンサー・・・・たくさんある!!』とニコニコ語ってくれました。彼女のように、夢がたくさんあって、それをかなえようと頑張っている姿を見て、モザンビークはこういうやる気のある子どもたちが将来支えていくんだろうなと思いました。きっとよい国になるに違いない!!とも思いました。

この後、私たちへ質問がありました。『日本では子どもの権利をどのように教えてますか??』というものです。

思わず、考えこんでしまいました。『道徳の授業で習いました』と応えましたが、果たしてそれが答えになっているのでしょうか。

『子どもの権利』をあまり意識せずに生きてきた私にとって、考えさせられる出来事でした。勉強が必要です。

子どもたちと一緒に記念写真!!