HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

テテ州政府へ表敬訪問(まめの日記5)
2013年12月19日

こんにちは。まめです。

モザンビーク視察5回目、「テテ州政府への表敬訪問」です。

視察というのは、その地域の代表者に挨拶をしてから始まります。その日もわざわざテテ州の保健・衛生などのセクションの代表者が私たちのために集まり、テテ州の概要をお話してくださいました。

201301219テテ州会議.jpg

まずは組合員の皆さまからお預かりした、メッセージカードをお渡ししました。

バルタさん

公衆衛生の責任者であるバルタさんからは、

「継続的に、モザンビークへの支援をありがとうございます。お金だけの援助ではなく、想い(メッセージ)もいただけてうれしいです。仲間にも見てもらって共有したいと思います。」と感想をいただきました。

《テテ州》
人口:220万人
保健センターの数:112個
特徴:子どもたちへの対策として
〇赤ちゃんに優しい病院(母乳育児を長期にわたって行うことを推進している病院)を開設
〇保健員の研修
〇ボランティアの保健員が栄養不良児を発見するための研修
そのほか、マラリア対策、学校の保健指導、コミュニティー保健員への研修などが行われています。

特に、テテ州は水不足が深刻な地域で、学校への井戸の設置も行われています。

ユニセフでは、2010年ころから、厳しい条件下におかれた子どもたちへの支援を重要と考え、公平性に重点をおいた戦略をおこなっています。
その一つに、コミュニティー保健員への研修が強化されたことがあげられます。私が始めてモザンビークを訪れた際には、この制度はあるにはあったものの、あまり大きなプロジェクトではありませんでした。保健センターや、病院などへ遠くてアクセス出来ない人などの場所まで、ボランティアが出向き、簡単な治療や病気の発見などを行います。このコミュニティー保健員は一人が5~10kmの範囲を受け持っているとのことでした。

しかし!!実際に、後日コミュニティー保健員の活動を観に行くのですが、受け持ち範囲はもっと広いことを教えてもらいました。

それはまた後日。