HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

【6】シエラレオネの小学校へ行きました
2014年11月13日

こんにちは。まめです。

シエラレオネに入って3日目、シエラレオネの子どもたちがどの様な環境で勉強をしているのか視察するべく、アリス・コロマ小学校に行きました。アリス・コロマとは、現在のシエラレオネ共和国大統領、アーネスト・コロマ大統領の娘さんのお名前だそうです。

アリス・コロマ小学校全景

シエラレオネの小学校ってどんな所でしょう。外観はブルーが基調の校舎で、おしゃれな感じでした。

勉強する子どもたち

中に入ると、あれ??ノートや教科書がありません。何故だろうと思っていたら、このとき小学校の試験前で補習授業ということでした。子どもたちは、ノートも教科書も見ないで、先生からの質問に答えていたわけです。

シエラレオネの小学校は6年制で、無料で学校に行くことができます。中学校に行くためには、試験を受けて合格した子のみ進級することができるとのことでした。でも、試験に合格したとしても、お家のお手伝いをしなくてはいけないとかお金がないとか(ノートや教科書は有料)で進級できない子どもたちも大勢いるそうです。中学校に通うためには年間50ドルお金が必要です。この学費は女の子は免除されるそうですが、男の子は有料だそうです。

私たちがあった子どもたちの中には、看護師、軍人、弁護士になりたい!!という子がいました。きっとこういう、夢を持ってがんばっている子どもたちがシエラレオネの未来を担っていくのだなと思いました。

授業の様子

授業ではこのとき、農業の授業が行われていました。そのほか、算数や英語などの授業があるそうです。

まじめに勉強をする子どもたち・・・・・・

しかし、授業が終わったとたん、とってもはじけて私に絡んできました。

囲まれる私

囲まれている写真。写真はぶれました。この後、なぜか抱きかかえられ(体重はきっと私より軽いはずの女の子が私を持ち上げました。シエラレオネの子どもたちはたくましい!!)。遊具に乗せられ、ぐるぐる回されました。

ぐるぐる回される私

あまりにもぐるぐる激しく回されるのでぶれる写真。必死にしがみつく私。

きっと異国から来た私たちを歓迎してくれていたのだろうと思います。

つづく