HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

カシューナッツさんの日記【5】「国境なき医師団」の活動ニュースより
2015年08月05日

こんにちは。カシューナッツです。暑いですね。

というより熱いですね。シエラレオネの暑さより日本の夏の暑さは苦痛です。

 ただいま、「ハッピーミルクプロジェクト・シエラレオネ」のキャンペーン中です。

あわせて「エボラ出血熱募金」も再開しています。みなさまのご協力のひろがりを期待しております。

 「国境なき医師団」の活動ニュース等から情報を紹介します。

4月14日に学校再開というところまでこぎつけたシエラレオネ。

明るい動きとして喜んでいましたが、実はまだエボラの感染発生がとまっていません。

5月9日の終息宣言を出した隣国リベリアでも再発しています。3各国あわせて週30件ほどの発生です。

最悪のピーク時からはさすがに減少しましたが、根絶はできず流行も長期化しています。

シエラレオネでは7月2週の感染報告は14件でしたがそのほとんどが首都のフリータウン周辺です。まだエボラとの闘いは続いています。

今回のエボラ流行で保健医療従事者の220人以上が亡くなりました。お金も不足しているし、医療関係の人材の確保も困難です。

 一方朗報もあります。「有効性を示すワクチン」の話題です。

「rVSV-EBOV」というワクチンです。権威ある医学雑誌にのったレポートで「現段階で防御率100%」を記録しているとのこと。まだサンプル数が少ないので研究と分析を継続中です。

しかし、感染者の身近な人々や治療現場の保健医療関係者へのワクチン接種、リスクの大きい人々に的を当てた接種で感染鎖の打破を目指しうるとしています。研究と分析の成果を待ちたいものです。