HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

カシューナッツさんの日記【6】朗報!エボラ患者がゼロに!!
2015年08月27日

こんにちは。

カシューナッツです。嬉しい情報です!!

シエラレオネで24日でエボラ患者がゼロになりました。今か今かとこの朗報を待っていました。

以下AFP=時事通信からの記事を紹介します。・・・最後の患者は34歳の女性。マケニの病院を退院。その際には、道路で踊る人々や太鼓を叩く人、車のクラクションをならす人など、多くの人が祝福したといいます。(シエラレオネの人々の喜びようがとてもわかります。とても嬉しいです。)コロマ大統領も「シエラレオネにおけるエボラ出血熱の終息の幕開け」と称賛しています。シエラレオネではここ2週間、エボラ熱の新規感染は確認されておらず隣国のリベリア同様に、エボラ終息宣言への秒読み段階に入ったことになります。WHO(世界保健機構)は新規感染者が42日間確認されていなければ、その国での「エボラ終息」を宣言するとしています。(あと4週間新規感染者が発生しなければ・・・まさに秒読み段階なんですね。)

もう一つ良い情報です。前回お伝えした「rVSV-EBOV」というワクチンでギニア7600人の臨床実験で100%の予防効果が得られたということです。WHOのマーガレット・チャン事務局長は「非常に期待できる。」「効果的なワクチンは現在と将来のエボラ熱流行に対してとても重要な手段にの一つになるだろう。」とコメントしています。もう一つ、今後は治療薬の情報です。日本のメーカー注射剤のエボラ薬(もともとは抗インフルエンザウィルス薬)を開発したというニュースです。中程度までの患者の致死率が30%から15%に低下したという臨床実験結果が得られたということです。嘔吐等で経口薬を飲めない患者、高齢の患者に対しての有効性が注目されています。予防薬・治療薬ともに期待大です。

あと4週間、シエラレオネにおける「エボラ出血熱終息宣言」を待ち望みましょう。隣国リベリア・ギニアもあわせ、3ヶ国での終息宣言を心待ちにしましょう。

ただいま、「ハッピーミルクプロジェクト・シエラレオネ」のキャンペーンの最終盤。あわせて「エボラ出血熱募金」も常時受け付けています。みなさまのご協力のひろがりを期待しております。

「エボラ出血熱流行国を支援するための募金」にご協力お願いします