HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

【10】マクベス病院 再訪
2015年11月27日

こんにちは。まめです。

また久々の日記になっています。

私の息子は7ヵ月になりました。

最近、ハイハイを覚え、夕食の支度のときなどキッチンに立つと、私の足にしがみついてきて足をしゃぶってきます。

そんなときは危ないので、おんぶをするのですが、その姿がとてもかわいらしく、おんぶの前はしばらくジーっと見てしまいます。

シエラレオネの子どもたちもすくすく育っていてほしいなぁと、ふと思ってしまいます。

あ、すみません。シエラレオネのブログを書きます。

以前の記事(http://happymilk.coopnet.jp/hmblog/201411/post-102/)で、マクベス病院を訪問したことを書きました。

マクベス病院へは3日後にも再度訪問することができたのです。

そこで再び会った、オスマン君。なんと、状態が改善されていました!!

IMG_5273.JPG

浮腫みがあった足が、指で押しても凹まないのです!!こんな3日で改善するなんて!!ちゃんと治療することは本当に大事なんですね。お母さんも前回会ったときよりも心なしか顔が明るくなっていました。

IMG_5276.JPG

下の写真のお母さんはずいぶんときれいなお洋服を着ているなと思ったら、この日が退院なんだそうです。退院にあわせてきれいなお洋服を用意するなんて、女性はどこでもおしゃれ好きですよね。

IMG_5269.JPG

お母さんの上でぐずっているピーター君は3週間入院していたそうですが、栄養不良の度合いをみる腕の太さの計測で、10.5センチから11.3センチまでに回復したそうで、無事に退院となりました。

明るいニュースばかりでいいことだなぁと思っていたら、入院患者が一人増えていました。

その患者さんについてはまた次回