HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

【11】マクベス病院 再訪(続き)
2015年11月30日

こんにちは。まめです。

前回のブログの続きです。

マクベス病院を再訪すると、新しい患者さんが増えていました。

お母さんの名前は、ダンケシシさん。子どもはアダマちゃんです。アダマちゃんはがりがりに痩せ細っていました。

IMG_5306.JPG

母乳を与えても吐き戻してしまうそうで、ダンケシシさんはいろんな病院に行って、アダマちゃんが元気になるよう尽くしていました。

今回の入院ではダンケシシさんの母乳になんらかの原因があるかもしれないので、それも検査するそうです。

ダンケシシさんはアダマちゃんの体調を心配していろんな病院に通っていたそうです。

シエラレオネの首都のフリータウンにある小児科にも通っていたそうですが、そこは栄養不良を診てくれる病院ではなかったため、このマクベスの病院までやってきたということでした。

ダンケシシさんの住む村では、伝統的な治療が行われています。

決して、伝統的な治療のすべてが悪いとはいえませんが、栄養不良で弱っているアダマちゃんに科学的根拠のない治療が施された場合、ますます体調が悪化してしまいます。

村では、ガリガリにやせた体や骨が浮き出た背中などを見て、カメレオンや悪魔の化身などといって、薬草で体を洗ったり、薬草の煮汁を飲ませたりするそうです。それによってますますアダマちゃんは体調を崩してしまっていました。

ダンケシシさんは、さまざまな病院へ行く行動派な面もあり、現代の医療の重要性もきちんと把握しています。

しかしなぜ、村の伝統療法も子どもにさせてしまうのでしょう。

それは、シエラレオネの国の環境も影響しているといえます。

シエラレオネは古くから首長制があり、地区の代表の意見は絶対であり、逆らうことはその地域から村八分にされてしまうことを意味します。

村八分になってはその地域で生活できません。正しい治療を行いたいのにできないという状況に、シエラレオネのお母さんたちは置かれているのです。

シエラレオネのお母さんたちの状況はさまざまです。

地域の慣習から抜け出せない人、基本的な栄養の知識のない人、村八分になるのを恐れて正しいことができない人、それぞれの人々の状況に即した対応をしていかなくてはなりません。

だからこそ、シエラレオネの子どもたちの状況を改善するには長い時間がかかるのです。

アダマちゃんはマクベス病院で良くなるでしょう、しかし再び村に戻ったときがとても心配です。