HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

村へ出かけていく、コミュニティ保健員のアウトリーチの取り組み
2018年06月27日

ユニセフの取り組みでもっともたいせつなことは、一刻も早く栄養状態の悪そうな子どもを見つけて保健センターでの健診につなげることです。

コミュニティの保健センターは、複数の村単位に設置されています。中には、半日も一日も歩かなければたどり着けないくらい遠方の村の人もいて、子どもの具合が悪くても、妊娠して調子が悪くても簡単に相談するのは難しい状態です。

こういった状態を変えるために、「コミュニティ保健員」が育てられています。もともと助産婦さんだった女性、村の課題に協力しようと思った男性などが研修を受けて役割を担います。有償ボランティアで交通費相当の手当ては支給されています。



続きを読む

保健センターでの栄養治療について
2018年06月18日

担当の三浦です!

本日は、コノ県の保健センターで行われている外来の栄養治療についてお伝えします。

2017年末までに、コノ県内88のセンターのうち、44センターで外来治療を行っています。(支援前は17センターでした。)

保健センターでは、毎週、子どもの身長・体重・二の腕周りを測定します。



続きを読む

カシューナッツさんの日記【33】嬉しい報告
2018年06月13日

おはようございます。山内さん、三浦さんお帰りなさい。ご無事お帰り良かったです。
そして嬉しい報告です。



続きを読む

遠いのは頭ではわかりますが・・・その2
2018年06月05日

担当の三浦です!前回の続きです。

目的地フリータウンへはブリュッセルからさらに約6時間半のフライトです。
12時間のフライトの経験をいかし、手荷物にしっかり本を2冊しのばせました。
しかし、持ち込んだ本はまったく活躍しませんでした。
フリータウンへの飛行機の座席は

待望の窓側!!

個人的に気になっていたのが、地図の赤で囲った部分。当たり前ですが、砂漠が広がっていてシエラレオネ直前に緑の大地が見えるはずなのです。(☆がシエラレオネ)

180604_hapimiruburogu01.jpg



続きを読む

遠いのは頭ではわかりますが・・・その1
2018年06月01日

こんにちは!!ハッピーミルクプロジェクト担当の三浦です。
人生初海外渡航のアフリカ・シエラレオネから無事に戻ってまいりました。

本日は「シエラレオネ到着まで」を
気ままにお伝えしようと思います。
正直、アフリカと聞いて第一印象は「遠い」でした。
ただ、まったく実感はわかず、ピンときませんでした。
今回の経路は、
成田→ブリュッセル(ベルギー)→フリータウン(シエラレオネ)

180601_hapimilbrog04.png



続きを読む

1