HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

遠いのは頭ではわかりますが・・・その2
2018年06月05日

担当の三浦です!前回の続きです。

目的地フリータウンへはブリュッセルからさらに約6時間半のフライトです。
12時間のフライトの経験をいかし、手荷物にしっかり本を2冊しのばせました。
しかし、持ち込んだ本はまったく活躍しませんでした。
フリータウンへの飛行機の座席は

待望の窓側!!

個人的に気になっていたのが、地図の赤で囲った部分。当たり前ですが、砂漠が広がっていてシエラレオネ直前に緑の大地が見えるはずなのです。(☆がシエラレオネ)

180604_hapimiruburogu01.jpg

いざ、アフリカ大陸にむけ、出発しました。
視界は良好!!
砂漠にさしかかるのを窓の外をチラチラ
気にしながら待ちました。

そして、ついに・・・。
アフリカ大陸のスケールに圧倒され、感動しました。見渡す限りの砂漠が2時間以上もの間、ずーっと続きました。同時に、これだけの広い土地が砂漠になっているのは深刻な問題だと感じました。砂漠を抜けると今度は一変した水と緑の豊かな自然が広がります。
たくさんの自然が見えてきたら、目的地はすぐそこです。
180404.jpg

計18時間半のフライトを経て、「はるばる来たぜ!シエラレオネ!!」

180604_hapimiruburogu02.jpg

でもまだ続きがあるんです。

180605_hapimiruburog07.png

最後に空港から水上タクシーで30分かけて海を渡ります。
これでようやくシエラレオネ首都フリータウンに到着となります。
こうしてふりかえると、しみじみと「時間かかっったなぁ」と感じます。
これだけはるか遠い国でコープデリグループの支援が確かに人々の力になっていました。 次回は、実際の支援先の様子をお伝えしようと思います。