HAPPY MILK PROJECT

はぴ・みるブログ

モザンビークのサイクロン被害
2019年03月20日

こんにちわ。カシューナッツです。モザンビークがサイクロンの被害に見舞われています。

AFP時事によれば18日にモザンビークのフィリペ・ニュシ大統領は国民向けの演説で「死者は1,000人を超える恐れがある」と発表しています。

サイクロンは14日の中部ソファラ州の州都ベイラを直撃し、その9割が「損壊し破壊された」。(国際赤十字)

大統領は「公式の死者は84人。主要河川が氾濫し堤防が決壊し、村という村が水にのまれた。・・・各地で集落は孤立し、水に大勢の遺体が浮いている。今も10万人以上が危険にさらされている。」と語っています。

巨大なダムが17日に決壊しています。今後、被害はさらに大きくなっていく模様です。国連世界食糧計画(WFP)のジェラルド・ブーケ氏は「被害のない建物はない。電気も止まっている。通信手段もない。道路は落下した電線でいっぱいだ。」と話します。このサイクロンは隣国のジンバブエやマラウイにも被害をもたらしています。BBCウェザーによればサイクロンは去りましたが、今後数日にさらに雨が降る可能性があると予想しています。被害の拡大が心配されます。

こういう災害で一番犠牲になるのが乳幼児や子供たち。国際的な支援態勢の構築が急がれています。

このブログについて
はぴ・みるブログでは、シエラレオネを訪問したコープの役職員が、「視察レポート」に書ききれなかった現地でのこぼれ話や、ハッピーミルクプロジェクトの進捗状況などについて発信しています。
最近の記事
2019年04月09日
2018年度ハッピーミルクプロジェクトの報告です
2019年03月20日
モザンビークのサイクロン被害
2019年02月28日
2/21(木)学習会に参加しました!(コープみらい 北本店)
2019年02月03日
モザンビークのその後
2019年01月29日
シエラレオネにおける子供たちの性暴力の被害の実態
バックナンバー
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年1月
2017年12月
2017年9月
2017年5月
2017年4月
2017年2月
2016年12月
2016年10月
2016年6月
2016年5月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年8月
2015年7月
2015年5月
2015年4月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年8月
2014年7月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年8月
2012年7月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
> はぴ・みるニュース一覧