HAPPY MILK PROJECT

子どもと栄養不良

子どもたちの未来は栄養が握っている

今、世界では毎日、1万6,000人、1年間で590万人の5歳未満の子どもたちが命を落としています。死亡原因の約半数は「栄養不良」に関係しているといわれています。

子どもの命を奪っている主要原因は肺炎、下痢性疾患、マラリアです。こうした病気になり、その後悪化し死亡してしまうのも、栄養が足りずに免疫がないことや回復できないのも栄養が足りなくて体力がなかったことが原因です。

また、栄養不良は、知能の発達が遅れ、学習能力が低下するなど、さまざまな要因にもつながります。

栄養不良は目に見えにくく、ひそかに子どもたちの未来と命を脅かします。

栄養不良「子どもの未来は栄養が握っている」(日本ユニセフ協会ホームページ)